保護者の方へ.png

こんにちは。

2月2日は節分の日でしたね。

節分の日が2月2日になるのは、じつに明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりだそうです!

立春の前日である節分に豆まきを行うのは、豆を投げて悪いものを追い払い、新しい年に幸運を呼び込むためです。


多賀城はるかぜ保育園でも、この日豆まき会が行われました。


小さい組のお友達は、それぞれのお部屋で、自分でつくったお面をかぶり、みんなで力を合わせて豆をまきます!


さくら組(0歳児)の小さな鬼さんたちは、職員室にも遊びにきましたよ♪

みんな、お面が似合っていてとってもかわいいです!





ちゅうりっぷ組(1歳児)さんも、鬼めがけて「おには~そと!」と頑張って豆を投げます😊



カメラに向かって、にっこにこの可愛い鬼さんたちでした😊



すみれ組(2歳児)さんのおにはとっても大きいですね!!































豆をいれるバッグも、お面もとっても素敵で似合っているよ!

カメラに向かってポーズ📷✨



さあ、ホールでは大きい組のお友達の豆まき会が始まりました。

まずは、先生から節分のお話を聞きます。



「鬼はそと~!福はうち~!」豆まきの歌が終わったら、いよいよ鬼が登場するようですよ👹

              

まずはたんぽぽ組(3歳児)さんが、みんなでおこりんぼう鬼をやっつけます。




次は、ひまわり組(4歳児)さん。力を合わせて好き嫌い鬼と泣き虫おにをやっつけます!


最後に登場した、ゆり組(5歳児)さんの鬼は…すぐに逃げて行ったかな?と思ったら、あれ!?













なんと!金棒を持って現れました!


「うわー!!」「キャー!!」と言いながら、必死に豆を投げていた子どもたち!















パワーアップした鬼の登場に、驚いていた子どもたちでしたが、どうやら無事に退治することができたようです😊












みんなで力を合わせて、無事に鬼を追い払うことができた多賀城はるかぜ保育園の子どもたち。この1年、健康に過ごせますように🥰✨




今日は榴岡はるかぜ保育園のまめまき会の日。


続々とホールに集まってきた子どもたち、まずは節分に関するクイズに挑戦します!




クイズが終わるとそれぞれのクラスの代表のお友達が、作った鬼のお面を紹介してくれます。

先生が「このお面はどうやって作ったのかな?」と聞くと、

「クレヨンで書きました!」「ハサミで切りました!」と上手にお話できていた子どもたち。



次は全員で「鬼のパンツ」の体操をします👹

みんなとっても楽しそう♪




そして、いよいよ豆まきの時間です。ホールには怖~い鬼が出てくるようなので、小さい組のお友達はお部屋に戻ります。(小さい組のお友達のところには優しい鬼さんが来てくれたようです😊)


大きい組のお友達は、豆を入れる「ます」と鬼のお面をつけて、豆まきの準備をします。

ドキドキしながら、「豆まき」の歌を歌って待っていると…



鬼がやってきました!

泣いてしまったり、捕まったりもしましたが、みんなで力を合わせて豆まきしたので、鬼は帰っていきました。



鬼が帰ると、みんなで落ちた豆を拾います。

「全然怖くなかったよ!」「鬼の髪の毛、すごかったね!」と楽しそうにお友達とお話をしたり、中には泣きながら豆を拾っているお友達もいました(^^)






今年も一年健康に過ごせますように(^▽^)











こんにちは(^▽^)

年末年始から、立て続けに来ていた寒波も去り、すっかり外の雪も解けた岩沼はるかぜ保育園。来月に発表会を控えており、昨日26日㈫と今日27日㈬、総練習を行いました。


今回発表会に参加するクラスは、すみれ組(2歳児)たんぽぽ組(3歳児)ひまわり組(4歳児)つつじ組(5歳児)です。


総練習では、子どもたちはステージに立ち、少し緊張した様子も見られましたが、先生やおともだちと協力しながら、一生懸命練習を頑張っていました😊


本番は、2月6日土曜日です。

今年は新型コロナウイルスの影響で、行事や普段の保育に関しても保護者の皆さんには、感染予防のため、様々なお願い・ご協力をいただいており、誠にありがとうございます。

今回行われる発表会に関しましても、子どもたちやご家族の安全を第一に考え、人数の規制や感染予防対策等にご協力をいただきたいと思います。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


本番では、おうちの方に練習の成果を見せられるよう、職員・子どもたち一丸となって頑張ります!どうぞお楽しみに(^^)