_MM73988_4.jpg

01

心身ともに

健やかな子ども

健全なる精神は、健全なる肉体に宿るという言葉にもあるように、心と身体は表裏一体の関係にあります。

私たちはすべての子どもの幸せを守り、一人ひとりの心に寄り添い子ども中心のきめ細やかな保育を目指して健やかな育ちの支援をします。

02

自然を友とし

慈しむ子ども

私たちは四季折々の保育の中で、子どもたちが自然の中で遊べる、より多くの楽しい時間を作り、子どもたちが興味や関心が溢れる活動を考え、生きる力と環境を大切にする気持ちを育みたいと考えています。

03

考えることを

喜びとする子ども

多種多様な文化や言語、価値観の中でこれからの子ども達は生きていきます。

私たちは子どもたちがより良く豊かに生きていくため、生活や遊びの中で友達との遊びが充実し人との関りが楽しめるように、興味や関心を育みたいと考えています。

 異国の文化を

 知る取り組み

インターネット技術が発達し、多種多様な文化や思想、現代社会は言語にあふれています。

子ども達が成人し活躍する未来は、まさに国と国の垣根を超えた、人々とのコミュニケーションを行う時代だと私たちは考えます。

単に言葉を学ぶのではなく、外国人講師との触れ合いから異文化を楽しむ環境を私たちは子ども達に提供します。

01

02

 食育活動

食は、子どもの生命の維持、発育には欠かせないものであり、心身の成長に大きく

つながっていると言われています。

食事は空腹を満たすだけでなく、人間的な信頼関係の基礎をつくる営みとして、生きる力と豊かな心を育てます。私たちは保育士と栄養士の連携によって、子どもの食をはじめとしたさまざまな経験や関心を引きだし、食事に関する連続的な体験に取り組んでいます。

 からだづくり

学びの基本は丈夫な心と身体が必要不可欠と私たちは考えます。丈夫な体が無ければ姿勢が保持されず、落ち着かず遊びに対する意欲や集中力が下がると言われております。

私たちは、リズム遊びや水泳講師によるスイミング教室、運動指導の専門家による運動遊び等々を、環境を整えながら楽しい遊びの経験を積み重ねて、子どもの身体づくりに励んでいます。

03

〒989-2423 宮城県岩沼市押分字水先5番6 TEL: 0223-25-6670  /  FAX:0223-25-6671

© Copyright 2020 社会福祉法人はるかぜ福祉会.

情報公開

社会福祉法第59条の2の規定に基づき、

社会福祉法人はるかぜ福祉会の情報を公開しております。