岩沼はるかぜこども園 園外保育(ひまわり組)の様子


季節はすっかり秋ですが、今年はまだ夏のような暑い日が続いていますね。

10月5日、少し汗ばむ陽気の中、今日は岩沼はるかぜこども園のひまわり組(4歳児)が仙台農業園芸センターへ、園外保育に出かけました!


今日の一番の目的は、8月に園で種まきをし、9月に仙台農業園芸センターの畑に苗を植えた白菜の成長を見る事です!まずは、白菜を育てるお手伝いをしてくれている、明成高校の先生にご挨拶をします。


続々と、畑に入ってきた子ども達。

「わー!白菜大きいね!」「あっちのはちっちゃいね!」と順調に育っている白菜を見て、とても嬉しそうです。


みんなが植えた白菜の前に着きました。ここで、先生のお話を聞きます。

「みなさんこんにちは。みなさんの植えた白菜、とっても大きくなりましたね!」

「白菜の葉っぱは一日一枚増えていきます。最初に芽が出た葉っぱは外側の方にあります。新しい葉っぱは、中の方からどんどん生えてくるんですよ!」

と白菜がどのように大きくなるかを教えてくださいました。

これから、寒い冬の季節に向けて、もっともっと大きくなって、美味しい白菜になっていくのだそうです。


畑には、蝶々やカエルなど色々な生き物がやってきますが、中でも蝶々は白菜の葉っぱに卵を産んで、それがみんなも知っている「はらぺこあおむし」のように柔らかい美味しい葉っぱを食べてしまうので、可愛いけれど、白菜にとってはあまりよくない虫なんですよ、と教えてくれました。



「じゃあカエルは?」「クモは?」と、大事な白菜を食べる生き物のことが気になり、先生に聞いている子どもたちでした🐸🕷


お話を聞いたあとは、畑の中を歩いて、もっと近くで白菜を観察しました(*^▽^*)


こちらの畑には、同じように白菜を育てている仙台市内の小学生の植えた苗や、畑のお世話をしてくれている明星高校の生徒さんが植えた苗もあるそうです。

この列が岩沼はるかぜこども園の白菜だよ!という目印に、つつじ組(5歳児)のお友達が作った看板も、とても素敵ですね!


「お休みの日も、ご家族の人と、白菜の様子を見に来ても大丈夫ですよ。」「ぜひ、大きくなってるかなー?と見に来てくださいね!」と先生が言ってくださいました。つつじ組さんでも、すでに家族で見に来たお友達もいるようですね😊


順調に、大きく育っている白菜を見届けた後は、観光農園の散策をします😊

農業園芸センターの敷地はとても広大なため、バスに乗って移動します。


農業園芸センターは、もうすぐハロウィンということもあり、大きなかぼちゃがあったり、植木もハロウィン仕様におめかしされていました。



ここで、記念写真を撮ります📸(^^♪

5.4.3.2.1!パシャ!


現在、わらアートのイベントも開催中で、入ってすぐの広場にも、わらでできた恐竜さんがいました🦕


園内は、バラやコスモスなど、色とりどりの花が咲いていて、とても綺麗です🌼


綺麗なお花を見ながら、先生やお友達と食べるおやつは格別ですね!


おやつの後は、自由に散策をしました。広い芝生の広場を見て、「やったー!」「追いかけっこしよう!」と待ちきれない子ども達(*^▽^*)



これは何の実かな?

まつぼっくりのあかちゃんを見つけたみたいですね♪



帰りは、入り口のところにあったわらアートの恐竜よりも、もっと大きな恐竜や動物たちのわらアートがある道を通って帰ります。

「大きいー!」

「ステゴサウルスだー!」と大興奮の子ども達でした。


白菜の成長も見ることができ、とても楽しい園外保育になりました(*^▽^*)

無事に園に到着です。


これから冬に向けてどんどん成長していく白菜の姿を、ぜひご家族でも見に行ってみてください😊この看板が目印です♪