白石はるかぜ保育園 園外保育(時計屋さん見学・白石城公園)の様子⌚🏯

6月2日、白石はるかぜ保育園すずらん組(5歳児)の子ども達がバスに乗って園外保育へ行ってきました。


バスの中で、楽しそうにおしゃべりしている子ども達😊♪












まずは、毎年恒例になっている街の時計屋さんの見学をします。

「長橋時計店」さんは、大正12年から営業している、とても歴史のある時計屋さんです。


お店に入ると、子ども達は様々な種類の時計に目を輝かせています。

お店のご主人が「6月10日は何の日か知っていますか?」と質問すると、

「時の記念日!」と元気よく答える子ども達😊


説明を聞いたり、音の鳴る時計を見たりしていると、ちょうど10時を迎えるところで、お店のあちこちから10時を知らせる様々な音が鳴りだします。

子ども達はからくり時計が動いたり、沢山の時計が一斉に鳴っている様子を見て感激し、「すごーい!」と拍手をしていました。


こちらは白石城が描かれた、ここでしか買えないオリジナルの時計だそうです。

長く地域に根差したお店なのがよく伝わってきます。


テーブルのような珍しい形をした時計。子ども達は見たこともない大きな時計に興味津々です。


店内には、大型の振り子時計が2台あり、お店のご主人が「この時計はみんなが生まれるずっと前、大きな地震がある前からもずっと動いているんだよ。」とお話してくれました。


子ども達は色々お話を聞かせてくれたお礼に、お店の人たちに「大きな古時計」の歌のプレゼントをしました。

「たくさん練習したんだよー!」と言っていた子ども達、そのかいあって、大きな声でとても上手に歌えていました🎵


お店の人からは、歌のお礼に「はと時計」のぬりえを頂き、とても嬉しそうな子ども達でした。


お店の人にご挨拶をして、時計屋さんを出たあとは、歩いて白石城のある、「増岡公園」へ向かいます。





途中で休憩しながら、お城への階段を一気に走って登っていく疲れ知らずの元気な子どもたち😊



白石城に到着しました。


ここから、ひまわり組さんが先に遊んで待っている、公園の広場へ向かいます。


「ひまわり組さんたちのいるところまで走っていこう!」と先生が声をかけ、

「位置について、よーい、ドン!」一斉に走り出します。

水分補給をして、おやつを食べた後は広い公園の芝生で寝っ転がったり、鬼ごっこをしたり。思い思いに広場で遊びます。

沢山歩いて、遊んで、帰りの時間になっても「もっと遊びたかった~!」とまだまだ元気な子ども達。


またみんなで遊びに行きましょうね😊