多賀城はるかぜ保育園 おわかれ会の様子

日差しも暖かく感じられるようになった今日この頃、多賀城はるかぜ保育園では、3月13日㈯に無事に卒園式を終えることができました🌸


保育園で、ゆり組のお友達と過ごせる時間もあとわずかとなりましたが、今日は3・4・5歳児合同でおわかれ会を行いました。


さっそく、本日の主役のゆり組さんが入場してきました。


ステージも素敵な装飾で飾られています😊


まずはゆり組のお姉さん、お兄さんに先生からインタビュー🎤✨

見ているチームとステージでインタビューを受ける、2グループに別れます。


いよいよ、最初のグループへのインタビューが始まりました。

「保育園の給食で好きなものはなんですか?」

「豚カレーです」「オムレツです!」

それぞれが美味しかったメニューを思い出し、一生懸命に答えていました。



続いて、3歳児クラスのたんぽぽぐみさんから、いつも一緒に遊んでくれたお兄さん・お姉さんに感謝の気持ちを込めて、プレゼントが渡されました。

折り紙で作った可愛らしいチューリップの花束です。会場の壁やドア、ピアノにもたんぽぽ組さんの折った沢山のチューリップが飾られていました🌷🌹🌷

心のこもった「ありがとう」の言葉と一緒に贈られた花束を、嬉しそうに受け取っていたゆり組の子どもたち。


次は、最初に見ていたお友達がステージに上がり、インタビューを受けます。

「ランドセルの色は何色ですか?」

「薄むらさきです」「赤です」「黒です」「青と黒です」

みんな、好きな色の素敵なランドセルを背負って、学校へ行くのを楽しみにしているようです😊


続いて、4歳児クラスのひまわり組さんが準備していたプレゼントをゆり組さんに渡します。

ひまわり組さんは、自分たちで染めた、折り染の紙を使って、ランチョンマットを作りました。

自分の写真が入った、世界に一つとして同じものがない、素敵なプレゼントに、子どもたちは感激していました。


先生が「今日のお昼は、これを使って食べましょうね😊」と言うと

「やったー!!」「わーい!」とても嬉しそうでした。


ひまわり組さんからは、もう一つプレゼントがありました🎵


この日の為に練習した「やってみよう!」のダンスの披露です。


「やったことないことをやってみよう!」

一年生になる、ゆり組さんに「新しいことにどんどんチャレンジして欲しい!」とメッセージを込めて力いっぱい踊ってくれた、ひまわり組さんでした。


そして、ゆり組さんはお礼に、感謝の気持ちを込めて、卒園式でも披露した

「きみとぼくのラララ」を歌ってくれました。

~ラララ さよならのかわりに なみだのかわりに

               ラララ きみとぼくのあいだに ラララ ひとつのうた~


この歌詞のとおり、涙を流す悲しい別れではなく、それぞれが希望を持って笑顔でお別れをすることができ、素敵な「おわかれ会」になりました😊


そして、会の終わりには先生たちが準備した、保育園での沢山の思い出が詰まった動画の上映がありました。


ゆり組さん、保育園で過ごした沢山の思い出を胸に、素敵な1年生になってくださいね😊









〒989-2423 宮城県岩沼市押分字水先5番6 TEL: 0223-25-6670  /  FAX:0223-25-6671

© Copyright 2020 社会福祉法人はるかぜ福祉会.

情報公開

社会福祉法第59条の2の規定に基づき、

社会福祉法人はるかぜ福祉会の情報を公開しております。