【重要】各園の被害状況と3月17日の保育について

3月16日深夜に発生しました福島沖を震源とする地震におきまして、各はるかぜ保育園の被災状況を確認しましたところ、岩沼はるかぜこども園、多賀城はるかぜ保育園、榴岡はるかぜ保育園、向陽台はるかぜ保育園については園舎並びに園庭において甚大な被害はございませんでした。そのため令和4年3月17日(木曜日)は通常通り開園いたします。


白石はるかぜ保育園については、被害が大きく、給食の提供ができない状況であり、市役所に確認したところ、公立保育所も家庭保育の協力日にしているとのことでしたので、可能なご家庭につきましては、ご家族で安心・安全に過ごしていただきますようご協力をお願いいたします。なお、保育が必要なご家庭においてはお弁当持参のお願いをしております。


まだまだ余震も続いておりますので、地震の際の対応を再度職員と確認し、子ども達の安全第一で保育を行いたいと思いますので、保護者の皆様方もどうぞお気をつけくださいますようお願い申し上げます。